ファイナンシャルプランナーの取得メリット

ファイナンシャルプランナーの仕事

ファイナンシャルプランナーの仕事は、私たちが暮らしていく上で欠かすことの出来ないお金に関して、中期的または長期的な資金計画を立てて、顧客に提案する仕事です。

個人により世帯構成も違えば資産も収入も将来の人生設計も異なります。
ファイナンシャルプランナーはお金に関し、税金や投資、教育、相続など幅広い分野に精通して、顧客にベストな資金計画を提案しなくてはいけません。
顧客との信頼関係を築くために、幅広く深度のある金融関連の知識に加え、必要な情報を話してもらえるようなコミュニケーション力も必要とされます。

生活から起業まで可能性を秘めるFP資格の魅力とメリット

ファイナンシャルプランナーが得意とするフィールドは、暮らしに密着したもので、当然自身の人生プランにも役立てることが出来ます。
結婚すればどの保険に入るのがベストか、住宅ローンはどう組むか、子供の教育費はいくらかかるか、安心できる老後のために必要な資金の貯金方法など、お金に関して必要な知識は自分にも役立ちます。

もちろんビジネスシーンでも大活躍で、金融機関やハウスメーカー等では、仕事を進める上でフアイナンシャルプランナーの知識が役立つ場面は多いです。
さらにファイナンシャルプランナーとして独立開業する道も開けています。

ファイシャルプランナーの資格の種類

資格の種類は大きく分けて2つあり、1つは国家資格として評価の高い「FP技能士」で、2つ目は民間機関が認定する「AFPあるいはCFP」と略されるものです。
国家資格のFP技能士は3つのレベルに分けられており、難易度が低い順に3級、2級、1級とハイレベルとなります。
この試験に一度合格すれば資格の期限は定められないため、更新しなくても永久に続くライセンスです。

民間資格では、入門レベルの順にAFP、次にCFPの順番です。
民間資格には有効期間が設けられており、一定のカリキュラムを受ける等して更新手続きをしないと無効となってしまいます。

国家試験の2級FP技能士の試験内容

科目は多岐にわたって実施され筆記試験6科目と、筆記による実技試験が行われます。
FP技能士の筆記試験においては、トータルな金融知識に基づき、顧客の人生設計や収入状況などを把握する能力の取得状況を試すべく、6分野と広い範囲から出題されます。
人生設計と資金計画、タックスプランニング等科目名は難しそうな名前が並びますが、学ぶ内容の大半は、日常の仕事や生活で関わりのある分野が主体です。

保険や税金など馴染みのあることを深く体系的に学習する事により、住宅取得の資金プランやリタイア後の安心した資金プランを提案出来る能力が取得できます。