紙幣

FP技能検定について徹底解析

人生に必要不可欠な資金に関するプランニング

個人が人生の夢を叶え、豊かな暮らしを送るためにお金の計画は欠かせません。
子育てにおいては多額の教育資金が必要になりますし、ローンで家を建てる際にはローン返済などの計画が必要です。
その人のライフステージに即したトータルな資金プランを立てて、金銭面で夢の実現を支える事をファイナンシャル・プランニングと言います。
その専門知識やノウハウを持ち、相談者の人生の夢が叶い豊かな人生が送れるように共に考え、アドバイス、支援するプロを、FP(ファイナンシャル・プランナー)と呼ぶのです。

その後、想定される相談者の人生のイベントなどを勘案して、長期的でトータルな角度から資産プランの設計を行って実行方法をアドバイスします。
幅広い知識が求められるため、必要があれば、弁護士や税理士、宅建士などの分野ごとのプロフェッショナルに助言を求めるなど、独自のネットワークを作りそれを活用しながら最適な資金計画を作ります。

FP取得のための学習

FP講座(AFP認定研修)受講をおえたのち、指定された試験にパスするなどの要件をクリアできれば晴れて資格取得となります。
学習内容は、金融資産・不動産の運用方法、税金対策、人生のステージごとの家計の収支計算等です。
FPは、家計の金銭に関わる仕事であることから、金融や税金・保険・年金等、おカネにまつわる広い知識の習得が求められます。
相談者のライフステージごとに生活スタイルをイメージして、金銭環境の変動も勘案し、家族構成、収支のバランス、資産額など、全ての資料を集めて分析できるスキルを身に付けます。

FPの活躍の場

FPが修得する知識は「資金計画」を専門の仕事とする方だけが活用できる知識ではなく、FPは多くのフィールドで活躍しています。
この資格取得の際に学ぶのは、金融や不動産、税金、年金等、一人の相談者の一生、あるいは家族の一生に関連する長期的で広範な知識です。
習得した知識を活かしてとしてFPとして独立して起業し、不特定な一般の方の資金の相談を業とする方もいますし、保険会社、証券会社、銀行等で活躍する方もいます。
また、一般企業に就職したまま自分のキャリアアップを目指して仕事の幅を広げる方、自分の家計や資産計画に活かす方等様々です。

活躍フィールドごとの働きぶり

銀行や保険会社、証券会社などでは、FP資格の取得を推奨したり、昇進や昇格の要件に定めるとこもあるほど重視される資格です。
金融機関の顧客は、教育ローンや住宅ローンの相談、金融資産や土地等の不動産の運用に関する相談が多いため、その相談に乗れないことは致命的なのです。
また、これらの銀行や証券会社への就職・転職に際してはこの資格を有することは極めて有利に作用します。

一般の企業の求人でも福利厚生分野の職種の場合はFPの知識を持つことは面接時に目に留まるでしょう。
FPを本職とするケースは、FP会社に就職、あるいは独立して事務所を立ち上げ活躍するFPも多くいます。
この場合は、様々な相談者の資金計画の相談に応える以外にも、専門知識や豊富な経験をフルに活用して講演やセミナーの講師として活躍したり、雑誌などで家計の診断記事などを執筆する方もいます。