社会人常識マナー検定の取得メリット

常識的なふるまいを身に付けるマナー検定

社会人たるもの、必要最低限度の要求されるマナーに関する知識は、いざというとき恥ずかしい思いをしなくて済むように身に付けておきたいものです。
そうする事で、人との交流にも積極的となれ、会社でも日常でも暮らしは豊かで楽しいものとなるのです。
そこで役に立つのは、常識やマナーに関する知識を学び、関連の検定を取得する事です。

これらの検定は、就職活動開始前の学生や、ビジネス界において躍進を願う社会人がマナーや常識を身に付けるものです。
コミュニケーション力を養い、自信を持って良好な人間関係に積極的になるために制度設計されています。
特にマナー教育や企業内で職員研修業務に携わる方やさまざまな分野で社会的活躍を願う方、転職を目指す方にも役立つ検定として認識されています。

代表的な検定に2つあり、1つ目は「社会常識マナー検定」で、全国経理教育協会が実施主体です。
2つ目の「実用マナー検定」は、マナー文化教育協会が実施主体の検定で、こちらも定評があります。

全国経理教育協会が実施する検定の出題内容

出題されるジャンルは、大きく3つに分類されており、その概要は以下の通りです。
1. 社会で求められる常識
2. スムーズなコミュニケーションスキル
3. 行務処理上求められるマナーとスキル

これらを学ぶことにより実務上有用な人材となれるように構成されています。

平成30年度の試験は、6月、9月、平成31年1月の3回となっています。
試験会場の多くは全国の専門学校です。

試験のレベルは1~3級の3つに分けられており、それぞれの出題分野は次の通りとされています。
3級では、社会や組織に属する一員に必要な最低限度の常識を持ち、基本的な業務処理に求められる知識やマナーを学習します。
会社に出入りする多くの人と適切な人間関係を築くための会話能力の習得度合いを試されるのです。

2級では、会社や社会の仕組みと基礎的常識を身に付けたうえで、業務処理上求められる知識やマナーなどのスキルを習得します。
築きあげた人間関係をベストな状態に維持出来るコミュニケーション能力の習熟度合いを試されることになるでしょう。

1級では、企業や社会の仕組みと広範にわたる社会常識を高度に理解して、業務上の目標達成に向けて率先してハイレベルな業務を処理出来る知識です。
加えて、ノウハウに基づき指導者の立場で組織をリードし、トラブル処理に当たるほか、さまざまなビジネスシーンで活躍するコミュニケーション能力の習得度合いが試されます。

マナー関連検定受験のメリット

受検に当たっての学習過程で、社会人にとって必要最低限の常識やマナーが習得できるため、ビジネスシーンで特に有効です。
日常生活においても、電話応対や冠婚葬祭などの際に恥ずかしい思いをすることなく、スムーズな人間関係が維持できるなど、さまざまなシーンで役に立ちます。