キーボード

マイクロソフト認定を取得するメリット

ソフト作成者側がそれを扱えることを認定する

世界で使われるソフトの多くのシェアを有するマイクロソフト社はIT技術向上のための自社製品に関するスキルの様々な認定制度を設けています。
それはかつての鉛筆とノートのように、今やビジネスの常識となったワードやエクセルなど、国内ビジネスでも標準的なソフトが使えることの証明となります。

またマイクロソフト社が提供する様々なソフトのソリューション設計、システム操作など、全世界で通用するスキルの業界標準レベルを証明してくれるものです。
いずれの認定も多くのフィールドで活用されているマイクロソフト社のソフトの操作レベルをソフトの作成者自身が証するモノであり、そのソフトの操作レベルは口頭でいくら説明するより説得できるものです。
今やビジネスの常識ともいえるワード・エクセル・パワーポイントなど多くの企業で導入され、技能が求められるマイクロソフト・オフィス・スペシャリストとプロフェッショナル認定の2つのメリットに注目してみてみましょう。

MOSと呼ばれるスペシャリストの認定のメリット

MSオフィスは今やほぼ100パーセントの事務所で活用されていると言えるでしょう。
MOSは、そのword/excelなどの文章作成、表計算の各種ソフトを使える能力を認定する試験です。
そのword/excelなどのスキルを、そのソフトを開発した企業自らが証明してくれるただ一つのインターナショナルな資格です。
この認定試験にパスすれば世界で共通した認定証が贈られ、MS社のword/excelなどのスキルを持つことを、世界共通で認めてもらえるのです。

例えば面接のシーンで「私はPCが使える・PCで文章が作れる」とアピールしたとしても、そのレベルは伝わらないのが実情です。
ところが、この認定があれば、一定のレベルにあることが客観的にわかるので、面接ではそれ以外のアピールポイントに重点を置くことが出来ます。
転職や就職以外でも、認定試験に当たり修得した知識やスキルがすぐに実務に活用できる点は魅力です。
知らなかった便利な機能を習得できれば現在の業務を効率的に行えたり、見やすいグラフのある資料を作れたりと、認定試験の学習が実務に結びつきすぐにスキルが上がったことを実感できます。
word/excelの2つのソフト技術は、スペシャリストとワンランク上位のエキスパートの2段階のレベルがあり、順番にステップアップを図ると効果的に習得可能です。

MCPと呼ばれるプロフェッショナル認定

MCP 認定は、ITの世界で高く評価される認定試験で、ITのエキスパートと開発者の専門的なスキルが問われる試験です。
認定プロと認められると、試験実施のたびに新たに多くの合格者が参加できるコミュニティで、MS社の製品に関連した様々なトラブルを相談して解決することが可能です。
試験合格後も、他のMS認定の高レベルの試験にチャレンジすることも可能です。