海外

海外の珍しいビジネス紹介

海外ではビジネスの着眼点が違います

私達の生活する日本国内においては、同じ価値観を持った人が周囲にいることも多くそう目新しいことを目にする機会はありません。
ですが海外になると、多様な民族や習慣、宗教観などを持つ人が多く存在していることもありさまざまな考え方をした人が集まっていることもよくあります。

そうした環境の中からは、日本にいては思いつきにくい驚くような発想のサービスが生まれることもよくあります。
海外旅行や出張に行くとそうした驚くような発想によるビジネスを見かけることもよくあり、それはまた国内向けのサービスのヒントとしても役立ちます。

お国柄が表れる珍しいサービス

海外で見られる珍しいサービスやビジネスには、その国ならではの事情や社会情勢が垣間見えることもあります。
例えば今英国で伸びてきている妊婦さんのためのサポートサービスですが、こちらは育児に関して積極的な社会のしくみのある英国らしい発想といえます。

具体的には身動きがしづらい妊婦さんに変わり、家事を手伝ったり相談相手になったりするというようなことです。
日本においてはベビーシッターなどでも、他人に自分の子供を任せたり育児をたよったりすることはなんとなく気が引ける部分もあるので、そうした発想はやはり社会文化が大きく関係していると言えるでしょう。

他にも米国では若手の起業家による荷物預かりサービスというものもあります。
こちらは大学に入学する学生さんを対象に、寮で使用する荷物を一時的にトランクルームで預かるという内容のものです。

米国では日本と異なり入学時期が春秋と分かれていたり、進学のタイミングも人によって異なるためそうしたちょっとした時間の隙間ができてしまうことがよくあります。
そうしたときに一時的に荷物を預かってもらい、また必要になったらすぐに近くから持ち出すことができるトランクルームのサービスはまさにその国ならではの事情が生み出したものだと言えるでしょう。