求人サイト

求人サービス業界の動向とは

最新の就活三種の神器とは

卒業をひかえた学生たちにとっては死活問題ともなっているのが就職活動ですが、就活においても「三種の神器」があるとされています。

「就活三種の神器」についてはいろいろな意見はあるものの、基本的には「スマホ」「新聞」「就活ノート」の3つとされています。
別のところでは「Twitter」「Facebook」「Evernote」といったように全てオンラインツールとして3つを挙げていたりもします。

今どきの就職活動では、いかにして情報を素早く多く集めることができるかということが重要なポイントとなってきているため、オンラインツールの使いこなしはまさに必須の事項とも言えます。

新卒で就職活動をするような若い世代になるほど、そうした就職活動のデジタル・オンライン化の傾向は顕著であるようです。

求人サイトの台頭

就職活動が急速にオンライン化したもう一つの理由が、ネット上で求人情報を検索したり会員登録をして情報を受け取ったりすることのできるオンライン求人サービスが増えてきたということです。

オンラインでの求人サービスがどんなふうに始まったかということははっきりとはしませんが、従来の派遣型の就職紹介企業や、登録型の情報サービス企業がネット上における検索の利便性を最大限に利用して、自社のサービスとうまく融合させていったのがきっかけといえるでしょう。

最初は大手就職企業だけが提供するサービスという印象もありましたが、今や地域密着の比較的小規模の就職紹介サービス企業なども独自にWebサービスを提供するようになってきており、今後もより広い分野での使用が予想されるところです。

業界別に特化したサービスの登場でより便利に

今や当たり前になってきましたが、特定の業種や業界別に特化した求人サイトも台頭してきました。

例えば、医師の求人なら「M3 CAREER」、保育士の求人なら「保育のお仕事」、薬剤師であれば「マイナビ薬剤師」など、あらゆる業界において専門の求人サイトが存在しています。

医療関連や技術関連の業界での転職の場合、特定の資格が必要であったり、何らかの経験をしているかどうかによって企業側が求める人材が異なってきます。
企業側としても、より自社の都合にあった高いスキルを持った人材を確保したいので、紹介を受ける人材とのミスマッチを避けたいところでしょう。

専門的な求人サービスの場合、その受付やキャリアカウンセリングを行うスタッフはその業界に通じた人が行っていることが多く、業界内でありがちな問題やトラブル、キャリアプランなどかなり具体的な部分に踏み込んで相談をしていくことができます。

今後もこういった求人サービスは注目されていくでしょう。