上司と部下

敬語をしっかり使いこなす

敬語をつかえないと、相手に不快な思いをさせてしまうことも…

敬語が使えるというのは、ビジネスの中できわめて当たり前のことなのですが、この当たり前のことができないために、相手に不快な思いをさせてしまうことがあります。
実は、これは個人の問題ではなく会社全体の問題になってしまうことがあるので注意。
なぜかというと、敬語をきちんと使うことができないと「この会社は敬語の使い方もきちんと指導ができないのか」と思われてしまう可能性があるのです。
つまり、会社全体のイメージが悪くなるのです。
会社は従業員に口うるさいほど「礼儀」を教え込むものですが、どうしてなのかというと「その礼儀ができているかどうかで、会社と言う組織が判断されてしまうことがあるため」です。

100人の社員のうち、99人がきちんとした言葉遣いをしていたとしても、1人がめちゃくちゃなことをやっていれば、すべてが台無しになってしまう可能性もあります。
なぜなら、お客さんはその一人にあう可能性だってあるためです。
この様なことを考えても、言葉遣いという最低限のマナーについてはきちんと学んで知っておくことが必要になるのではないでしょうか。

同じことを言っていても、言い方で印象はずいぶん変わる

これは日本語の特徴とも言えますが、たとえば同じことを相手にはなすのであっても、言い方一つでかなり印象が変わってしまうということがあります。
これって、敬語に限らず友人関係でもそうですよね。
言葉の選び方を間違ってしまったために、友人に不快な思いをさせてしまった…と悩む人はわりと多いのではないのでしょうか。
そう、実際にこうして不快にさせてしまったことに悩む人はたくさんいます。
それを考えると、自分のためにも「相手のことを考えた言葉遣いをしていくこと」はとても大切であることが解りますよね。

敬語を正しくマスターしよう

たとえば、よくある「ら」抜き言葉は相手を不快にさせる可能性があるので注意。
また、他にも尊敬語・丁寧語・謙譲語を使い分けてあげることも、非常に重要なことになりますので注意が必要です。会社では、これらの使い方について最初に徹底して教えてくれると思いますので、真摯にそれを聴いて敬語を正しく使うことができるようにすることが必要ですね。
敬語を正しく使うことができる人と言うのは、やはり人から信用されますし、「きちんとしたひとなんだな」という印象を与えますので気持ちがいいですよ。