ビジネスマナー

ビジネスマナーは全ての基本

世代を超えて必要になるビジネスマナー

新卒として会社に入社したなら、まず最初に覚えることになるのがビジネスマナーです。
仕事そのものを早くに覚えたいという新人もいますが、その前にきちんと社会人としてふさわしいビジネスマナーを備えておくことができなければ、どれだけ仕事ができても円滑に業務を進めていくことはできません。

ビジネスマナーとは、相手の立場などによって使い分けることができる言葉遣いや挨拶の仕方、またTPOを考えた服装などです。
他にも仕事をしていく上で必ずふまえておくべきルールはたくさんあるので、少しずつでも身につけ自然な振る舞いとしてできるようになっていくことが肝心です。

ビジネスマナーの基本は言葉遣いと仕草

ビジネスマナーにおいて最も重要なのは、敬語を始めとする言葉遣いです。
学生のときには同世代の人が多く近くにいるものですが、社会人になると年上とも年下とも多く接する機会ができてきます。
接客業や営業を担当する人になれば、顧客や取引先といった社外の人たちとも接するようになります。
そうしたときに失礼なく、立場を踏まえた言葉遣いができるかどうかが仕事能力としての評価に関わってきます。

具体的には、会ったときに最初にする挨拶や簡単な世間話、取次をするときの言い回しといったことです。
日本語には尊敬語・謙譲語・丁寧語という難しい敬語の使い分け文化がありますから、場数を踏みつつもよくあるケースなどから学習をしていくことが肝心です。

ビジネスマナーを磨くことは社会人として自覚を持つこと

ビジネスマナーを知るということは、社会人としてあるべきふるまいを覚えるということでもあります。
突然に遅刻や欠勤をしないということは当然ながら、そうしたことが起きた時にどう報告をしていくかというようなこともまた重要なマナーの1つです。

きちんとマナーを踏まえた行いをしていくことは、周囲に安心感をあたえ自分の仕事を円滑にしていくための要素にもなります。
人付き合いにおけるコミュニケーション能力を高めることもまた、ビジネスマナーの1つと言えます。