ビジネス

ビジネス枕詞について

相手に不快な思いをさせないためのビジネス枕詞

皆さんは、ビジネス枕詞について聞いたことがありますか?
例えば、相手に何かを伝えるときに「そのまま言ったら相手が不快になってしまうようなこと」ってありますよね。たとえば、「あなたとはもう契約ができません」という内容を言うとします。
まあ、これだけの内容であれば誰が何を言っても相手は傷つくでしょう。
しかし、それを最小限におさえるために使うのが「ビジネス枕詞」と考えて下さい。
ビジネス枕詞を言葉の前につけることで、全体のもつ雰囲気がとても柔らかくなり、相手に不快な思いをさせずに済む可能性があります。
このようなことから、企業ではビジネス枕詞をきちんと使いこなすことが求められると考えて下さい。
では、どんなビジネス枕詞が使われているのかを考えていきましょう。

どんなビジネス枕詞があるの?

例えば、「大変申し訳ございませんが~」という枕詞はいかがでしょう。
この「大変申し訳ございませんが~」をつけることで、何かを断るにしても響きがとても優しくなると思いませんか?もちろん「断る」にはかわりはありませんので相手を傷つけることにかわりはありませんが、「あなたがダメだからだよ」というのではなく、あえて「申し訳ありません」と自分を悪者にすることで、相手も少し納得がしやすくなります。
もちろん、相手も「社交辞令だ」と解っているかもしれません。
でも、社交辞令だとしても「自分たちのことを考えてやってくれている」というだけで、その気持ちが伝わってくれる可能性もあります。
そういう役割を果たしてくれるのが、ビジネス枕詞だと考えて下さい。
そう、ビジネス枕詞というのは、本当に便利で心強い存在であるということが解りますよね。

いろいろなビジネス枕詞を覚えよう

できれば、いろいろなビジネス枕詞について覚えましょう。
例えば「おかげさまで」。
この「おかげさまで」を頭につけることで、「皆さんがお力添えをしてくださったおかげで成功することができました」という意味になります。
自分が一人でやったことであっても、この「おかげさまで」を付け加えることで周囲への感謝を伝えることができるようになりますので、本当にオススメです。
こういう気配りができる人は、やはり多くの人が「協力してあげよう」という気持ちになりますので、仕事もしやすくなるのではないでしょうか。こういうことが大事なのです。
ぜひ、相手を不快にさせない「ビジネス枕詞」を覚えましょう。