謝罪

謝罪の仕方

謝罪の仕方は本当に難しい

ビジネスにおいて、非常に難しいことのひとつに「謝罪」があります。
つまり、人に謝ることですね。
誰でも失敗はするもの。しかし、かといって適当な謝罪をすれば相手を怒らせてしまいます。
失敗は誰もがするものですが、そうであってもきちんと謝罪をして、相手にその気持ちをきちんと解ってもらうというのは、本当に大切なことになります。
そんな「謝罪の仕方」について書いていきましょう。
相手に誠意が伝わる謝罪の仕方には、どんな方法があるのでしょうか。

迷惑をかけたということを自覚し、真剣に己をかえりみること

謝罪が必要な場面であるということは、少なからず迷惑をかけてしまったということになります。
なので、きちんとそのことを自覚して謝罪をすることが大事です。
どうしてこうなってしまったのか、なぜ迷惑をかけてしまったのかをきちんと考え、心から謝罪をしましょう。
相手にかけてしまった迷惑を自覚して頭を下げるということが、何よりも大切です。
ここでいろいろなことが相手に伝わりますので、そのことをきちんと自覚するようにしてください。

謝罪をするだけでなく、反省をすることが大事

間違いと言うのは、やはりそう何度も繰り返すものではありません。
何度も繰り返してしまえばそれは相手の迷惑になってしまいますので、「もう繰り返さない」ということをしっかり頭に入れた上で、きちんと反省をするようにしてください。
上司というのは、これまでに多くの部下たちをみてきています。
なので、それが本当に反省しているのか?噓ではないのか?もきっちりとみています。
間違いは誰にでもあるものですが、かといって「くりかえさないこと」「自分がやってしまったことを、絶対にもう二度としないこと」が大切なのではないでしょうか。
これは本当に大切なことになりますので、きちんと注意をすることができるように気を付けて下さいね。

相手の失敗も、許せる土俵を持ちましょう

自分が失敗するように、相手も必ず失敗するときがあります。
その時、相手のミスをきちんと許すことができるかというのは大変重要なことになってきますので、それはきちんとできるようにしておきましょう。
いずれ、自分のミスをカバーしてもらう日がくるかもしれないと考えれば、相手のミスをそこまで攻めようという気持ちにはならないはずです。
ぜひ、相手の失敗を許して「自分も協力する」という気持ちを持つことができるような、そんな人間を目指しましょう。