/ビジネスプロセスの種類と特徴
PC画面

ビジネスプロセスの種類と特徴

あらゆる仕事に共通する事

どのような仕事であってもビジネスプロセスについて改革や改善を試みながら更に良い結果を出す努力をしなければいけません。
様々な種類のビジネスプロセスについて理解したうえで、的確な行動を心がけてください。

ビジネスプロセスとは

人によって様々な仕事を担当することになりますが、それぞれが何らかの目的を持っており、それを達成するためにあらゆる努力を重ねながら活動することがビジネスプロセスになります。
ビジネスプロセスがうまくできている会社の場合は事業が成功しやすいものですが、うまくできていない会社の場合は努力を重ねているつもりでもなかなか良い結果が得られないものです。

例えば経営者が新しい事業を提案して部下に色々指示を出していても、なかなか全ての人に浸透していないため実現が難しいという場合もあります。
仕事ができる人が突然退職したいと申し出て退職した後、その人がやっていた仕事を誰も理解できないため会社が混乱する事態になったという場合もあります。
このようなケースを避けるためにも、社員が一丸となってしっかりビジネスプロセスを確認したうえで、常に改善を目指すつもりで取り組むことが大切なのです。

様々な種類があります

ビジネスプロセスの種類と特徴をしっかり把握したうえで改善や改革を試みる努力が必要になります。

まず定型的プロセスについては、あらかじめ行なうべきプロセスの順番が定められているため個々の考えによって変更するべきと主張するのは難しいものです。
逆に非定型的プロセスについては特に順番が決まっていないため、個々の実力や判断によって適切に行なうことができます。
ただし定型的プロセスは仕事の流れをマニュアル化するなどの方法で可視化も可能になりますが、非定型的プロセスについては一部では可視化できても全ては実現しないという特徴があります。
定型的と同じになるのが構造化プロセスで、非構造化は今までに起こったことがない問題に対して取り扱うものになります。

人間系プロセスは非IT化のもので、IT系プロセスがアプリなどで自動化されているプロセスになります。
実行系とは独立して意味があるものを生み出すプロセス、支援系は実行系プロセスを支援するという意味の内容になります。
他にもPDCAのどれかに属するプロセスなども存在しています。

それぞれの特徴として、基本的には定まった順序関係があるものが多いです。
一部非定型的プロセスのように一定方向以外にも前に戻って行なうプロセスも存在しています。
また、階層構造がありアメリカなどの海外では一般的な考え方でも、日本人にとってはあまり馴染みのない考え方に捉えられることが多いのも特徴になっています。