マーケティング視点で考えるビジネス

考えるビジネスマン

WEB戦略にも欠かせない

インターネットを活用したECサイトを運営する際にはサイト分析などの他にもWEB戦略を考える必要があります。
その際に必要不可欠なのがマーケティング視点です。
あくまでも需要と供給が一致していなければ、WEB戦略はうまくいかないものです。
マーケティング視点に立ったうえで考えるビジネスについて確認してみましょう。

概念について

まずはマーケティングとは一体どのような概念のことを言うのか確認してみると顧客が求めている商品やサービスなどを作り、それを顧客が効果的に得ることができるように行なう活動のことを言います。
もっとわかりやすく言えば売れる商品やサービスをいかにして考えて売るのかがマーケティングで最も重要視するべき部分です。

ビジネスではPDCAサイクルに基づき上を目指すべきですが、特に重要なのはAの改善という部分で、ここをしっかり実践しなければ良いものを生み出すことはできませんし、自分自身の力も身につかないでしょう。
思考を知識や理解、応用、分析などの段階に分けてブラッシュアップしながらアウトプットをすることで良い考えが習得できるものです。
様々な分析を重ねながら改善すべき点はどこなのかをよく考えることで、次第に良い結果が出やすくなります。

マーケティングの原則について

マーケティングの要素はSTPという頭文字で表現されています。

Sはセグメンテーションで市場細分化のことで、様々な市場によって異なる状況を理解することが大切になります。
Tとはターゲティングのことで誰をターゲットにしたマーケティングなのかをよく見極めなければいけません。
SとTについては密接な関係にあり、この部分をないがしろにすると良い結果をもたらすことはありません。
最後のPについてはポジショニングのことで、顧客の感想やライバル他社との違いなどを確認しながらより良い結果を求めることになります。

これらを確認してマーケティングという視点に立ったビジネスを考えてみることが大切です。

フレームワークの活用

様々な分析などを行った結果、マーケティングに活用する際に役立つのがフレームワークです。
例えば戦略の3Cを実施する場合には、自社と競合、顧客というそれぞれ頭文字にCが付くことを実践し、バランスを考えながら実践することをおすすめします。
また、価格や製品、チャネル、広告というマーケティングの4Pと呼ばれる施策を実施しながら顧客が求めているものを検討する必要があります。

このようなフレームワークをいくつか実践することによってマーケティング視点でビジネスに活かせるチャンスがどんどん広がっていきます。
常に試行錯誤しながらより良いものを作り上げることがどの分野の仕事でも求められているものなのです。

あわせて読みたい