医療機器

医療ベンチャービジネスの可能性と課題

現代における医学サービスの重要性

今日、高齢化社会の進展と医療技術の発展により、私たちの生活における医学分野のサービスの位置はきわめて大きなものとなってきています。
今後、さらにこの傾向は進行していくでしょう。
命を支えるこれらのサービスは、人々の生活に欠かせないものであり、再生技術など現在注目の新技術が実用化されれば、さらにそのすそ野は広がっていくはずです。
そうした背景を踏まえれば、ベンチャービジネスとして、医療分野を手掛けていくことは、社会のニーズに合ったものであり、先行きも明るい可能性が高いものと考えられるでしょう。
こうした医療ビジネスの積極的な開発は、国の方針とも一致していますから、他の分野に比べると、環境として恵まれているともいえます。

米国の医療ベンチャーの現状

たとえば、先をゆく米国の例を見ると、続々と世にバイオ医薬品を送り出しているシリコンバレーやボストンでは、バイオベンチャーが大いに活躍しています。
資金や人材の流動性も高く、大学、VC、エンジェル、バイオベンチャーが近接して集合し、ひとつのエリアをなしているのです。
こうした環境は、大学が生み出す研究結果をもとに、次々と多くのバイオベンチャーが生まれる状況を生み、スムースな事業化を支えているのです。
また、一方で、少しでも事業性に問題があれば、早々に生産して残った資金や人材、ノウハウを無駄なく次のベンチャーへ活用していくという効率性の高いスタイルも確立しています。
しかし、もちろんはじめからこのようにうまく成立していたわけではありません。
長年をかけて、こうした環境およびスタイルが確立されてきたのです。

日本の医療ベンチャービジネスが成功するには

さて、立ちかえって日本をみてみると、終身雇用制の土壌等もあり、より米国以上にこのような理想的な環境を確立するのは難しい状況があります。
実際、まだ医療ベンチャービジネスの歴史が浅いこともありますが、大きな成功を収めたという企業はなかなか見られず、苦戦を強いられている企業のほうが多いのが実態です。
とはいえ、やはり成長分野、成長市場であるこの分野に挑戦する価値がないわけではありません。
しっかりとそのリスクと課題をふまえた上で、ビジネスとして取り組んでいくことが必要でしょう。
まず、はっきり言ってこの世界は多産多死の世界であり、必ず成功するというモデルはありません。
むしろ失敗しても新たに取り組みなおせる柔軟さ、失敗や損をうまく切ることが重要でしょう。
そのうえで、成功により近づくためには、以下のことをおさえておくとよいと考えられています。
まず、対象となる疾患の数がある程度多いことが前提になります。
そして、技術はもうすぐ完成するという段階に来ているものを見出すことが大切です。
あまりにも早すぎる着目は、着眼としては優れていても、ビジネスとしてきわめて大きなリスクをとることになることも理解しなければなりません。
代替医療がないこともポイントです。
ないというところにこそ、新たなニーズがあることは、どの分野でも同じですね。
さらに、患者の生活の質の向上に貢献するQOL型のものに注目すると、軌道に乗りやすい傾向にあります。
現状で考えられるポイントをいくつかあげましたが、これも完璧ではありません。
しかし、将来性のある分野でのベンチャービジネスであり、今後より多くの挑戦がなされ、日本においても環境として、市場全体での成長が遂げられていくことが期待されます。