秘書検定

秘書検定に合格する利点とは?

秘書に限らず広く職務の役に立つ秘書検定

大手企業であれ中小企業であれ、どのような企業にも必ず秘書は数名、あるいは秘書業務は必要です。
その秘書のレベルを証する資格に秘書検定があり、女性には大変人気の高い検定試験です。
秘書検定は、企業や大学の研究室の教授付きの秘書というイメージが付きものですが、実際の検定試験の問題を見てみると、秘書業務に関連した問題のみならず、1人前の社会人としての常識やマナー、文書作成等のスキルが多数出題されています。
一般常識が備わっていれば正答出来る問題も多く、また、ファイリングの方法等は一般事務に役立つ問題です。

また、慶弔事の儀礼や挨拶に関しては知らないことも多く、これを習得していれば秘書業務や会社での業務に役立つだけでなく、日常生活にも役立つ知識・常識となります。
試験を受けるのも、秘書職の希望者のみならず、就活を控えた学生や一般事務職も多いです。
この試験は、秘書能力に限ることなく、社会で働くに当たり身に付けるべき常識やビジネススキルを有することの証明でもあるのです。
レベルは4つのランクがあり、ハイレベルな順に1級、準1級、2級、3級の4ランクがあります。
準1級と1級の検定試験には筆記試験をパスした者にはさらに面接試験が実施されます。

一般事務のスキルを磨きあなたの仕事を輝かせるメリット

実際に秘書検定に合格した方の声を聴くと、もともと秘書として採用される目的以外で検定を受けた人が多いことに驚きます。
現在、秘書業務に当たる方ももともとは事務職を希望して、秘書検定を受けて転職した方も多いのです。
そうして転職した会社で秘書的な能力の高さが認められ秘書として抜擢された方が多いのです。

やはり日常の業務において、秘書検定に合格するだけの能力は輝くのだと思われます。
秘書業務だけのためのこの検定を受けるというより、秘書検定を受けるために習得するスキルが社会で役立つことにつながるということがこの検定の最大のメリットと言えるでしょう。
秘書業務というのは特別に独立した業務ではなく、一般事務の仕事を、マナーを伴って効率的にこなすスキルと言えるのです。

転職に当たり一定のマナーや社会常識を備えているとアピール

転職に当たり作成する履歴書にこの資格を記載していれば、資格の名前の通り秘書能力のある方だと認識してもらえます。
ただし、秘書としての採用でなくても、秘書実務に関連がない業務でも社会人としての常識やビジネスマナー、顧客への対応など、既にそつなくこなせるスキルを身に付けた方だというアピールが出来ます。
面接でいくら常識的なことが出来ますとアピールするより、この資格を有することを示し、真にあなたの得意分野のアピールに専念することが出来ますので、いわばスタート台が違うので有利です。