報連相

「ホウレンソウ」を徹底しよう

知っていますか?ビジネスの「ホウレンソウ」

みなさんは「ホウレンソウ」について聞いたことはありますか?
これは、恐らく多くの人が入社した時に上司から聞かされていることです。
そう、仕事をする上で「ホウレンソウ」を使うことは本当に大切。そして、「ホウレンソウ」を使うことで、会社の大きなトラブルや失敗を未然に防ぐことができたり、最小限にすることができたりします。
なので、社会人であればこの「ホウレンソウ」の意味をきちんと知り、使いこなすことができるというのが大切なことになるでしょう。
では、この「ホウレンソウ」について記述をしてみたいと思います。

「ホウレンソウ」ってどんな意味?

「ホウレンソウ」というのは、簡単にいえば「報告」「連絡」「相談」です。
仕事をする上で、「報告」「連絡」「相談」をかかさないようにするということ。その大切さを訴えかけているのが、「ホウレンソウ」であると考えて下さい。
この「ホウレンソウ」、仕事を実際にしてみると解ると思いますが、大変に大切な意味です。
例えば、何か大きな失敗をしてしまったとしますよね。
その時、そのことを知られたくなくて上司に「報告しない」「連絡しない」「相談しない」ということがあると、トラブルがますます大きく広がってしまうことがあります。
初期の間であればすぐに片付けることができたものを、それができなかったために問題が大きくなってしまうというのが一番怖いこと。
なので、会社では必ずこの「ホウレンソウ」を徹底するようにいうのです。
自分一人で抱えきれないことを、1人で解決しようと思ってもそれは無理な話です。それを考えれば、やはりきちんと「ホウレンソウ」を徹底して、周囲と情報の共有をすることが必要になるのではないでしょうか。

全員で情報を共有し合うということの大切さ

また、全員で情報を共有し合うということの大切さについてもふれなければなりません。
今誰がどんな仕事をしていて、どんなことをやっているのか。
それを共有することが必要です。「今、あの人はどんな仕事をやっているの?」という状態だと、それは統率がとれていないという状況になりますよね。
それを考えると、やはり「全員で情報を共有すること」は非常に大切なことであり、重要なことでもあると言わざるを得ません。ぜひ、みなさんもこの「情報共有」について考えてみてほしいと思います。
「ホウレンソウ」についてしっかり考え、そして対応されていくことをオススメします。